金融とは一言で言い表すとどういう事なのでしょうか?【その2】

重夫です。今日は前回に引き続き「金融とは一言で言い表すとどういう事なのでしょうか?【その2】」をお話しさせていただきますので宜しくお願いします。

④融資。投資は夢をかなえる手段
このように融資や投資といった金融の本質は、お金がない人や企業が″夢″を実現させる手段なのです。もちろん財政プロジェクト資金とか、補助金の利用も一つの手段ですが、例えば東京ディズニーランドやハウステンボスといった民間プロジェクトは、金融のサポートがなければ実現していません。また教育ローンや住宅ローンなども、個人がそれぞれの″夢″をかなえる手段といえます。

資金を融通するための料金が「金利」でぁり「配当」です。イスラム教のコーランでは、金利を取ることは御法度になっているため、イスラム教国では金利を通じてビジネスを行う銀行は存在しえないことになります。そこはぅまく「配当」という解釈で銀行活動が成り立っています。各国ともに、いろいろな工夫をしているようです。

⑤金融の機能は5つある
ここで金融の基本的な機能について整理してみましよう。国や時代によって金融機関の形態は異なりますが、機能そのものはあまり変わっていません。金融機能は、大きく分けて次の5つです。

(1)資金決済
物、サービス、資産の交換を容易にするように支払いを決済し、取引を清算する手段を提供する機能

(2)資源のプール化、小口化
大規模な事業を行うために、投資信託や金融仲介機関のように個々の家計の富を集めてプールし、 一方で、分散投資を行いゃすくするため、そのような事業の持ち分を証券化などで小日化する手段を提供する機能

(3)時間・場所を超えた資源の移動
家計がライフサイクルに沿って消費と貯蓄を効率的に配分し、資本財がビジネスで最も生産的に用いられるように配分するなど、経済的資源を異時点、異地点、異なる産業の間で移転するための手段を提供する機能

(4)リスクの管理
不確実性に対処し「ヘッジング」「分散」「保険」というリスク管理の3つの基本的方法で、リスクをコントロールする手段を提供する機能

(5)情報の提供
経済の様々な分野で行われる分散化された意思決定を調整する、価格などの情報を提供する機能このように、最近の金融についての考え方は、ひと頃のように銀行、証券会社、保険会社といった形態よりも、機能そのものに着目するようになってきています。

金融とは一言で言い表すとどういう事なのでしょうか?【その1】

重夫です。早速このブログで金融の事に関して普段皆様が疑問に思っている事などを説明していきたと思っていますので宜しくお願いします。まずは初めに、金融の基礎から説明して行きたいと思います。

①金融取引は有史以来の歴史があります。

「金融」という言葉は、お金の融通に出来します。「資金の流れ」ともいえます。お金がなくて困っている人や企業に、銀行や投資家がお金を貸したり、投資したりすることです。

有史以来、人間は金融取引をしてきたことが知られています。紀元前3000年頃にはメソポタミアで、農業やその他の目的で″信用″が体系的に用いられていました。そして、大麦と銀が交換の手段、すなわち貨幣として利用されていました。

古代においても、規制や金融取引の契約が存在しました。ハムラビ法典には、紀元前1800年頃のバビロンにおける信用規制について多くの規定が記載されています。

銀行組織は、12世紀に都市国家ジェノバで成立し、その後数世紀の間、ジェノバ、フィレンツェ、ベネチアで繁栄しました。銀行は、頂金者の要求があればすぐに引き出せる「要求払い預金」を受け入れ、商人や王族、そして白治体に貸付を行いました.今日の形態によく似た証券の発行も、中世のイタリァ都市国家で生まれました。

②融資は必ずお金が返ってきます。

お金を貸すことは「貸出」とも「融資」とも呼びます.「融資」と「投資」の大きな差は、融資は必ず返済してもらうことを前提にしていることです。

返済できなかったときに備えて土地などの担保を差し入れてもらったり、保証人などの保証をつけてもらうのが普通のやり方です。返せない場合には、担保を処分してお金をつくり、それを借金返済にあてることになります。

片の金融としては「質屋」さんがよくつかわれていましたが、これは着物や貴金属といった物を預けることでお金を什りて、期限までに返せない場合には、預けたものを放棄して(質流れ)、借金もなかったことにするやり方です。

このように融資は、返済できない場合にどうやってお金を回収するかが重要になります。最近、社会問題になったのが、商Tローンを返せない会社の責任者たちに対して非人道的な圧力をかけた事件です。

③投資はハイリスク・ハイリターンです

一方の投資は、リスクが非常に高くて、投資したお金が戻ってこないL能性が高いのを承知のうえでお金を出すやり方です。しかしその事業が成功したときは、非常に大きな利益となります。
この投資が世界史的に初めて大掛かりに行われたのが、シルクロードを通じた、らくだの隊商による貿易ビジネスでした。隊商を送り出すアラビアの商人たちは、中国に行って絹などの貴重な商品を持ち帰れば大儲けできるのですが、往復の途上、強盗に辿えばすべてを失うというリスクもぁりました。

次に有名なのは、マゼランなどが船で世界一周に出た15~6世紀の大航海時代です。スペィンエなどの投資により、多くの船出がありましたが、本国に無事帰還できたのはそう多くはなかったょうです。

そして現在は、世界史的にも大航海以来のベンチャー精神が必要とされるIT (情報技術)あるいはネット社会時代を迎えています。こうした時代に必要なのは、チャレンジ精神のある人材とそれを支える投資資金です。

 

 

 

 

 

 

 

楽天カードキャッシング申し込み